製品情報

航空宇宙産業の一翼を担う東明工業

  • HOME >
  • 製品情報一覧

油圧・・・空圧・・・電動・・・

圧力制御

NEW油量コントロールバルブの性能評価試験装置

供試体(3モードバルブ組立)を検査用マニホールドブロックに設置し、供試体のスプールをリニアアクチュエータで押込むことにより、スプールのバネ荷重、ストローク及び各油圧ポートから吐出される圧力を測定し合否判定を自動で行う装置。又、油圧を加えない状態でのスプールのばね荷重、ストロークを計測できます。 本装置は油圧ユニット及びDCサーボモータ駆動リニアアクチュエータにより構成されます。

NEW大型アクチュエータ用定常負荷印加装置

装置内に設置された供試体(大型アクチュエータ)に対向する面板に取付けられた12本の空圧シリンダーとハイリリーフレギュレータにより、任意の負荷荷重を加えられるようになっています。

NEW加圧繰返しベンチ

この加圧シリンダはサーボ弁で制御されており、圧力制御系を構成します。本装置は恒温槽、加圧装置及びコントローラからなります。加圧波形は台形(任意設定可)で最大100万回の繰返し加圧試験が可能です。 なお試験油は冷凍機油を使用し、恒温槽は+60℃から+150℃内で任意に設定ができます。

インパルステスタ    超高圧耐圧試験機

試験槽内に設置した供試品の内部に、水を圧力媒体にしてパルス状の200MPa圧力を印加し、耐圧能力を評価する。

インパルステスタ

供試体であるホースに直接内圧を加え耐久試験を行うと同時に、ホースに正弦波状の屈曲を与えることが出来る。

ピストン疲労試験機

シリンダブロックにピストンを取付け、模擬燃焼室に高圧作動油を直接供給し疲労試験を行う。

加圧試験機

恒温槽内に設置された供試体(冷凍サイクル部品)にサーボバルブで制御された加圧シリンダにより内圧を加え、耐久試験を行なう装置。

戻る

当サイトは画像提供を頂いております。 ・(c)JAXA 様
BSK、JABを取得しております。